Episode

Episode 2.0 Under the Illusion

  • ギルド戦争

    ときのルーンミッドガッツ王国の国王トリスタン契い蓮⊃析辰了代主神オーディンがしたように、

    近づきつつある脅威から王国を守護する人材を養成しようとした。

    しかし平和な日常に慣れている国民たちの間に起きる動揺と

    軍隊用意に必要な資金は計り知れない。

    国王は苦渋の決断の末、そのすべてのものを私設団体に任せることにし、

    そうして創設された団体は「ギルド」と呼ばれた。



    最近になってグラストヘイムに関する怪しい噂で国民の心が極度に不安定な状態になっている。

    事態を重く見たトリスタン契い蝋馥發療垰圓法屮ルドの戦略的要衝地になる建物を建設せよ」と命じた。

    これに応じて20個の丈夫な砦が各所に建設された。



    建設されたギルド砦はギルド同士で争奪するようになっている。

    砦を所有したギルドは国王から多くの富を与えられる。

    また、ギルド同士で切磋琢磨することによりルーンミッドガッツ王国は近づきつつある

    脅威に対抗する力を養成することができるようになる。

    これは末永く王国を存続させるための礎になるだろう。
  • 「なぜ戦うのか」ということに関しては、そこに戦いがあるからということになります。

    現在は、冒険者たちは平和に暮らしているけれども、実は気づかないうちに何事かが始まろうとしている……、

    そんな感じですが、このギルド戦争システムも「何事か」のひとつに過ぎません。

    当然、Episode 2.0にも関わりを持ち、ユーザー間が争うことが前提となって、

    ストーリーが展開していきます。
    なるほどこれが「Under The Illusion」だなあとなるように。
  • ギルド攻城戦:バックグラウンドストーリー

    人々は平和な日常に慣れてしまっていたため、

    変化の日々に不安を覚えていた。



    一方でグラストヘイムや辺境地域でのモンスターの

    攻勢はその勢いをゆるめてはいなかった。



    国王トリスタン3世は迫りくる脅威に対し、戦力・財政面からも

    やはや聖ミッドガッツ正規軍だけでは対処しきれないと考え、

    各都市の近辺に要塞を建築していった。



    そして私設義勇軍にその管理を委ね、治安維持と地域防衛

    をゆだねていくのであった。有志の集う「ギルド」が正規に組織と

    して認められることとなったのである。



    しかしながら、それがギルド同士の抗争に発展していくとことなる。

    「Under the illusion」、”思い違い”の日々の幕開けである。



    皮肉にもそのシンボルに祭り上げられたものは

    災厄の石”エンペリウム”でもあった...
  • 霧に包まれた神秘の島「タートルアイランド」

    ”没した海賊船”と共にアルベルタにて噂されるこの島が冒険者の次の舞台となる。

    そこには”ユミルの心臓”に関わる謎が隠されているかもしれない...



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-08 Thu 12:40:23 JST (4241d)