アルコスク

台詞

[アルコスク]

僕達シーフ系職業にはいくつか

必要なスキルがあるんだ。

一般的には覚えることのできない

もので、同業者のシーフや

アサシン・ローグ達からこっそりと

教えてもらうものなんだ。



[アルコスク]

君の周りに、そんなシーフ系の

仲間が居たら、ぜひ僕の噂を

伝えておいてね。

新しいスキルを習得して、

仲間の助けになるように。


  • シーフで話しかけた場合

[アルコスク]

世を渡るには特に必要ないが

いざという時にあると

意外に役立つスキルが

いくつかある。

さぁ、どれに興味がある?


 「砂まき」「バックステップ」「石拾い」「石投げ」「もう少し考えてみます」の選択肢
  • 「砂まき」を選んだ場合



    [アルコスク]

    シーフってのはさ、手段を問わず

    自分を守る技術を一つは

    持っていて良いと思う。

    周りの奴は卑怯だとかずるいとか

    言うけどさ、僕はそうは思わないね。



    [アルコスク]

    世の中勝ったものが生き残る。

    同じ商売仲間として僕が特別に

    君に技を教えてあげるよ。

    と言っても、ただ単に

    相手に砂をまいて、少しの間

    視界を奪うだけだけどね。



    [アルコスク]

    でもさ、この隙に思いっきり

    殴っちゃえばいつもより

    大きなダメージを与えられるよ。

    しかもうまくキマれば

    スタン効果も得られるしね……ふふ



    [アルコスク]

    僕たちも生きるためならそれも

    やるしかない。そして、そのためには

    まず砂を用意しなきゃ。

    砂はあらかじめ用意しておこう。

    ちょっと行ってきて

    「きれいな小石」5個集めてきて。



    [アルコスク]

    早く教えて欲しいっていう気持ちも

    分かるけど、とりあえずそれを

    集めてくる前にスキルを

    教えるわけにはいかない。

    わかったら行ってきて。



    [アルコスク]

    あ、一言付け加えると、

    アサシンかローグなら問題ないが

    シーフの場合は

    職業レベル25以上にならないと

    教えられないってことだけ

    覚えておいてね。


  • 「バックステップ」を選んだ場合



    [アルコスク]

    戦闘ではもちろん攻撃をするけど

    少ない被害で相手を倒すことも

    大事なことだと思うんだよね。

    正確な判断のもとに裏をかくことも

    攻撃と同じくらい重要だ。

    僕たちは他の人達より



    [アルコスク]

    素早い動きが可能だから、

    敵を翻弄して効率的に敵に

    攻撃を与えるくらいは

    できないとね。

    一応僕たちの反射神経で

    敵の攻撃をうまくかわすことは



    [アルコスク]

    できるけど、結構危ない瞬間も

    あるでしょ?

    それに、いっぺんに敵が

    群がったらさすがに辛いよね…

    そういう時は潔く退くのが

    賢明な判断。



    [アルコスク]

    普通の人ならそんな時、

    敵に背を見せて逃げるしかない。

    でも僕達はそんなことをせずに、

    敵の方を向いたまま後ろに

    素早く後退することができるんだ。



    [アルコスク]

    すばらしいその技は、

    瞬間的に足に力を集中し

    一気に後ろに引き下がる。

    つまり敵との距離を短い時間で

    空けることができるんだ。

    これは繰り返しの練習によって



    [アルコスク]

    やっと体得できる技だから、

    練習に必要な物を今から

    いっぱい用意して来な。

    「バッタの足」20個

    集めて来たら教えてあげるよ。


  • 「石拾い」を選んだ場合


配置MAP

シーフギルド


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-19 Mon 20:00:16 JST (6138d)