童巴

台詞

[童巴]

何の用ですか?

神に関する話をしたいのですか?



あなたはモンクへの修行を

続ける身。あなたの気の流れは

だいぶモンクのそれに近い。



気脈が開かれていることを悟ったら

無涯長老様のところへ行くと

良いでしょう。



私は、モンクになる者ならば

かならず知っていなければならない

知識について教えています。

私からの教えを理解した後、

身体の鍛錬を行います。



私がこれから述べることを覚え、

後で暗唱してくだされば結構です。

さぁ、精神集中はできていますか?


  • はい



    それでは……



    よく聴いて心で覚えてください。


      出題される文章はいくつかのパターンがある模様(3通り?)
      


    はい、ここまでです。

    ○○(キャラクター名)、あなたの番です。


      10個の文節を正しい順番で選択


    ふぅ……

    お疲れさまでした。



    さて……


  • 不正解の場合



    ん……この程度も覚えられないとは……



    さきほども申し上げましたが

    ただ覚えるのではなく、

    心で理解するのです。



    さぁ、もう一度試みましょう。



    一応申し上げておきますが、

    これを終えなければ

    先に進むことはできません。


  • 正解の場合



    立派ですね、完璧でした。



    しかし油断は禁物。

    モンクへの道はまだまだ

    険しい……



    タァッ!



    セイッ!



    ハァッ!



    イヤァッ!



    あなたの血脈はひとつ

    モンクのそれに近づいたようです。



    では、富年様のところへ

    行って見なさい。


  • いいえ



    準備ができたらまた来てください。


  • 正解後に話しかけた場合



    うん……?

    誰の元へ行くかはすでに

    教えたはず……



    もしや……



    私の忍耐力を試しているとか……?



    よろしい。

    もう一度申し上げますが

    富年様にお会いください。


配置MAP

カピトーリナ修道院


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-19 Mon 20:00:16 JST (6138d)