長老

台詞

[無涯長老]

大地と気の力が皆に

幸運をもたらさんことを……

ふむ、何用でわしを訪ねた?

  • スキルポイントがまだ残っている場合

[無涯長老]

スキルポイントが残っていては

転職はかなわぬ!

皆消費してきなさい。


  • 転職条件を満たしている場合

[無涯長老]

モンクになりたいという

若者のようだが……?

 「はい」「いいえ」の選択肢


  • 「いいえ」を選んだ場合

[無涯長老]

ふむ…

わしの勘も衰えたもんじゃ……


  • 「はい」を選んだ場合

[無涯長老]

ふむ……こんな時代にも

まだ我々モンクの存在を

忘れぬ者が居るとはな……

よく参ったな、弟子よ。



[無涯長老]

モンク志望生か……

嬉しいのう。

一応、モンクになる前に

知っておかねばならぬことがある。



[無涯長老]

我らモンクは神に仕えながらも

己の肉体を極限まで鍛え、

この世に信仰を伝える者である。



[無涯長老]

肉体を鍛えることは、信仰に仇なす

モノを退け、自然の全ての事物と

調和し、その恩恵を己身で受ける

ためじゃ。



[無涯長老]

勿論、精神を鍛え、

邪念を退けることも大事だぞ。



[無涯長老]

これらの修行過程は非常に

厳しく、大きな苦を伴うかもしれん。

が、これに耐えられるかどうかが

モンクになれるかどうかの分かれ目と

なる。



[無涯長老]

さて、ではおぬしがモンクとなり

神に仕える確固たる意志があるか

どうかを試したいと思う。



[無涯長老]

まず、その心構えができているか

見るから、以下のものを集めて

きなさい。



○○○ ?個

○○○ ?個

○○○ ?個

を集めてくるように。


集めるものは数パターンのうちランダムで決定される
パターンA ハリネズミの針 5個 くもの糸 20個 短い足 10個



[無涯長老]

おぬし自身を試すのだから、

自分の手で直接集めてくるように。



[無涯長老]

では揃ったらまた来なさい。

さぁ出発じゃ!

神のご加護があるよう祈っている。


  • その後アイテムが揃っていない場合



    [無涯長老]

    ふむう……



    [無涯長老]

    まだ準備ができていない。

    集めるのは以下のものじゃ。

    ○○○ ?個

    ○○○ ?個

    ○○○ ?個

    を集めてくるように。


  • その後アイテムが揃っている場合



    [無涯長老]

    ふむう……



    [無涯長老]

    うむ!全て手に入れてきたな!

    苦労したな!

    だがおぬしの意志は必ず神に

    伝わったことじゃろう。



    [無涯長老]

    よし、それでは先の修行に

    進んでもらおう。

    「童巴」に会うように。

    奴はここから北の

    墓地にいるはずじゃ。




  • 童巴との会話終了後



    [無涯長老]

    うむ、修行中じゃな。

    努力するように。



  • 駆魔修行終了後、緑ポーションを所持している場合



    [無涯長老]

    うん?まだ霊薬を飲んでいないな。

    その緑ポーションに似ている薬を

    飲みなさい。

    その薬を飲まなくてはモンクとして

    身体を整えることができんぞ。


  • 駆魔修行終了後、緑ポーションを所持していない場合



    [無涯長老]

    全ての修行を終えたな。

    もうおぬしはモンクになる資格が

    十分整った。

    今飲んだ霊薬によって身体も

    整えられたじゃろう。



    [無涯長老]

    まさか貴重な薬を捨ててはいまいな?

    では、モンクとして生きるための

    誓約を唱えれば転職完了とする。



    [無涯長老]

    おぬしは残った生の全てを

    神のために捧げるか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    ……

    まだモンクになるための

    心ができていないと言うのか?

    もう少し修行をしてきなさい。

    悪に染まる者をモンクにする

    わけにはいかぬ。


  • 「はい」を選んだ場合



    [無涯長老]

    おぬしは手に入れた能力を

    己のためだけに行使するか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「はい」を選んだ場合



    [無涯長老]

    ならぬ。我々モンクの力は

    己のためだけに使うのではない。

    神の代行者・神罰の執行者たる

    自覚を持ち生きなければならない。

    それを己のために行使するとは!



    [無涯長老]

    モンクとはどんな存在なのかを

    もう一度よく考えてくるのだ。

    そんな心構えでは世俗の欲心に

    染まり、しだいに能力も失うだろう。


  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    おぬしは神を汚す者に

    正義の審判を下すことを

    ためらわないか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    我々モンクを何と心得る。

    何人たりとも神を汚す者は

    世にあってはならぬ。



    [無涯長老]

    もう少しアコライトで

    修行を積んできなさい。


  • 「はい」を選んだ場合



    [無涯長老]

    おぬしは正義の審判を下す時、

    己の犠牲を省みずやれるか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    そんな覚悟ではならぬ。

    己を犠牲にしても正義を貫くことは

    立派なことじゃ。



    [無涯長老]

    犠牲というのはどういう意味かを

    よく考えてきなさい。

    決して易しいものではない……


  • 「はい」を選んだ場合


    [無涯長老]

    おぬしは多くのモンスターを

    引き連れることになろうとも

    他人の戦闘を助けるか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「はい」を選んだ場合



    [無涯長老]

    それはならぬ。

    幾多のモンスターを引き連れる

    ことは、より犠牲を増やす種と

    なろう。そういう行動は慎まねば

    ならんのだ。



    [無涯長老]

    我々の強靭な精神と肉体を似ったと

    しても、完璧はない。



    [無涯長老]

    それが他人を助けているつもりでも、

    結果的にそれ以上の悪い事態をもたらす

    原因になりかねん。

    モンクのすべきことが何なのか

    もう一度考えてきなさい。


  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    おぬしは街や村で、同じ言葉を

    発しながら歩くことをするか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「はい」を選んだ場合



    [無涯長老]

    いかん。

    これはモンクだけにではなく、

    全ての人間に言えることじゃ。

    うるさく叫んだところで相手に

    されんじゃろうしな。



    [無涯長老]

    説法を行うときでも同じだ。

    己の行動を今一度振り返るのじゃ。


  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    おぬしは自分が神の代行者で

    あることを自覚し、神のために

    身を捧げることができるか?


     「はい」「いいえ」の選択肢

  • 「いいえ」を選んだ場合



    [無涯長老]

    そんな心得ではモンクに

    なることはかなわぬ。

    我々の死と共に神に反する

    者を一つでも減らすことが

    できれば、それは意味を成す

    のじゃ。


  • 「はい」を選んだ場合



    [無涯長老]

    最後に、今まで述べたことを

    全て守ると誓いなさい。


     「誓います」「無理です」の選択肢

  • 「無理です」を選んだ場合



    [無涯長老]

    ……



    [無涯長老]

    まだ修行が足りないようだ。

    弟子よ、まだモンクに認める

    ことはできぬ。



    [無涯長老]

    再び始めから修行を行った

    ほうが良いが……

    心を鎮めてまた参れ。



    [無涯長老]

    弟子に信義が伝わるように……


  • 「誓います」を選んだ場合



    [無涯長老]

    それでは、これにて誓約の儀を

    終わる。

    我々の兄弟、今ここに生まれる!



    [無涯長老]

    弟子の誓約は私の胸と君の胸、

    我々を見守る神に伝わった。



    [無涯長老]

    それではこれから

    おぬしの経路を突く。



    [無涯長老]

    さぁ……これから365個の経路を

    突くぞ。動くなよ!



    [無涯長老]

    カーーーーッ



    [無涯長老]

    フゥゥゥゥーー



    [キャラクターネーム]

    ‐ 師匠は深呼吸をした後 -



    [キャラクターネーム]

    ‐ 私の経路を突き始めた -



    [無涯長老]

    ヌオリャ!!



    [無涯長老]

    アタタタタタタ



    [無涯長老]

    セイッ!



    [無涯長老]

    チョイヤー!



    [無涯長老]

    フゥゥゥゥゥー



    [無涯長老]

    オワタァ!


     アコライトからモンクへ転職
    [無涯長老]

    転職完了だ。



    [無涯長老]

    クッ……



    [無涯長老]

    やはり……老いには勝てぬ……



    [無涯長老]

    さぁ、おぬしもモンクだ。

    同志になったことを祝おう。



    [無涯長老]

    先ほどの誓約を忘れるでないぞ。



    [無涯長老]

    ゆるぎない信仰のもと、

    己の修行を忘れるなよ。



    [無涯長老]

    これは君に与える祝いの品だ。

    役立てるがよい。


     JobLv40〜49の場合、バグナウ[3]獲得
     JobLv50の場合、ナックルダスター[3]獲得
  • モンクで話しかけた場合



    [無涯長老]

    修行は続けているか?

    常に精進を心がけるように。



    [無涯長老]

    我々は肉体を鍛え、強き精神を保たねば

    邪悪なる者がその肉体を狙いに来る。



    [無涯長老]

    いつも我々は神罰の代行者

    神の代理たることを忘れてはならぬ。

    邪悪な意志につけ込まれぬよう

    気をつけるのじゃ。


配置MAP

カピトーリナ修道院


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-19 Mon 20:00:16 JST (6138d)